太田 圭彦<オーナー・デザイナー経歴>

太田圭彦

昭和21年(1946年)3月4日、関東大空襲を逃れ
疎開先の関西で生まれた。
舞踊家の父(松竹少女歌劇団SKDの振付演出家)
と、 女医の母(産婦人科医師)の三男。
兵庫県芦屋市立山手小・中学校、県立芦屋高校
から、昭和43年に甲南大学を卒業。
朝日生命相互保険会社に就職。東京本社から
大阪営業局(本社機構西日本統括)に転勤。
繊維の街・大阪に戻ったことが繊維業界の友人達との交流のきっかけとなった。
ファッションに興味を覚え、全てを独学でデザイナーを志し、昭和56年にデザイン・スタジオ「モード・イノベーション」を設立し、海外の有名ブランドのライセンス・ブランド(国内生産)のデザイナーとして、数件を受け持つに至った。
それをステップに(株)サン・クレアを設立し、オリジナル「Yoshihiko Ota」のプレタポルテの制作をするに至り婦人服メーカーとなった。
藤本統紀子(作家 藤本義一氏夫人)先生のお誘いで、フィニシング・スクール「John Robert Powers School(ニューヨーク)」日本校の客員講師を務める。
欧米での社交界デビューには不可欠で、大統領夫人はもとよりスター女優や歌手は必ず
全員が卒業している。
一方では、国内の政界・財界・芸能界にも多くの顧客を持っている。
衆議院議員 小池百合子氏は17年来のご愛顧を賜る顧客に挙げられます。

St.Creaの商品は

デザイナーYoshihiko OtaのConception(着想)による、富裕層のLife StyleのT.P.O.のTrendy(流行の先端)を装うPrèt-à-Porter(高級既製婦人服)です。

主要な販売店舗

帝国ホテル(東京)、ホテルオークラ(東京)、ヒルトンホテル(名古屋)
リーガロイヤルホテル(大阪)、ホテルニューオータニ(大阪)
リーガロイヤルホテル(広島)、ホテルオークラ(福岡)、ホテルニューオータニ(博多)
レンブラントンホテル(大分)その他、
地域有名店<弘前・沼津・名古屋・富山・金沢・福井・京都・奈良・大阪・神戸・徳島・高松・岡山・広島・山口・福岡・佐賀・長崎>

ページのトップへ戻る